お祭りの提灯

注文して表札やネームプレートを作るというのは、オリジナリティを強調する上で必要不可欠な存在です。
特に、自分のイラストやデザインを反映させられるタイプの場合は注文の価値が大きく上昇し、より個性を出すことができます。業者が用意するデザインを使用する場合でも、組み合わせ次第でいくらでも個性を出せることから、誰にでも簡単に自分だけのデザインを出すことができるのです。

注文をする際、基本的に表札はひとつからですがネームプレートは複数を同時に作成することができます。
社員などに配る場合は、少なくとも十数個以上必要になる事も多く、また名前もそれぞれ違ってくる為高額になると思われがちですが、業者によっては全く値段を変えずに作成する所もあります。そうしたサービスも注文作成が手軽に利用できるポイントだとされています。

また、近年はネット上でデザイン、注文が可能になったこともあり以前より更に利用者が増えています。より手軽に利用できるようになったのがその理由だと言われています。

ネームホルダー

ネームプレートとは名札のことを指しており、胸元につける小型タイプが一般的です。
しかし、表札に工夫することが難しいマンションなどの場合は、大型のネームプレートを注文し玄関先に取り付けることもあります。

これらは形や色、図柄など様々なデザインを取り入れることが可能であり、大きく個性を出すことができる存在となっています。特に社員証やスタッフ名札の場合は、周囲とすぐに区別できるように色合いなどを派手にするなど、工夫が求められます。
そのデザインは依頼者に任せられることもありますが、相談して業者と考えることも可能です。中にはデザイン料を支払うことでかわりにデザインを行ってもらう場合もあります。ほかにもデザインを専門に行う業者やクリエイターも存在しており、ネームプレートを注文する際の幅は非常に広くなっているのです。
大きさが小さい分、個性を出しやすくするための配慮でもあるこれらの要素は、ネームプレートの注文を普及させるきっかけになったともされています。

玄関先に取り付けるネームプレートの場合は、表札と同等の大きさにすることが多いです。また、フルネームか苗字、家族全員の名前を書くかなどを選ぶこともでき、情報量も調節できるというメリットがあります。近年は「ウェルカム」などの文字を入れることで、来客を歓迎するタイプのプレートも増えています。
また、取り付ける場所が玄関先やドアになるので、フックや吸盤などを備え付けているタイプが一般的になっています。フックの場合は、取り付ける土台をドア側に用意する必要がありますが、それらも注文すれば取り付けてくれる事が多いです。
吸盤の場合、ホコリなどで剥がれやすくなるため、通常よりも吸引力の強いものを使用することが多いです。シールや釘打ちはマンション側で禁止されていることもあるので、あまり行われていません。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031